女一人で生きる道を考える
さて、前回述べたとおり、30歳を過ぎ、

私は一生結婚できないしないんじゃないか?!

の疑問と不安を胸に大きく抱いた私は、
その先の仕事と収入に大きな不安を覚えるようになりました。
当時の私は派遣社員で働いていたからです。

一人暮らしをするに十分な収入はありましたが、
休日が多ければ収入が減り、ボーナスも出ません。
健康を害すればたちまち収入がなくなってしまいます。

それに、派遣社員で働くのは、歳が重なれば重なるほど
労働条件が厳しくなると聞いていました。
若い女性の方が仕事に就けやすいのが現状です。

c0091726_520176.gif一方で私と同じように結婚していない30代の友人。
そのうち、長く会社勤めをしている友人2人はマンションを購入(゚∀゚)
「ひとりで生きていく決心をしたの?!」と聞くと
(これまた失礼な質問だけど、それだけの事を言える仲なので・・・)
2人ともそんな気はなく、「結婚したら貸し出せばいいし」などと言います。
仕事も出来て、同じ会社に長く勤めて地位を築き、自分の家も持っている、
それに比べてその日暮らしの私は何をしているんだろう・・・と落ち込んだものです。

そうかと思うと定職につかず、数ヶ月働いては休んだり、
好きなことやアルバイトなどして暮らしつないでいる友人もちらほら。
彼女に私の将来の不安を話すと
派遣の仕事だって、選ばなければ幾つになってもいくらでもある、と楽天的。

私自身がどうかと言うと、金銭的に余裕がないのはとっても不安に感じますし、
どうせ仕事をしていくのなら上を目指して行きたいと思っていました。
そこで、得意分野を伸ばし、間口は狭いけどちょっと専門的になる分
適材も少なく、年齢に関係なく募集のありそうな仕事に的を絞ってきました。

一人で生きていくためには安定した収入か、
実家住まい、またはローンなしの不動産を持っていないと不安ですね。
c0091726_518218.jpg
そんな葛藤を数年繰り返しているうちに、思いがけず結婚が決まり、
結婚にあたって引越しをして仕事も辞めることになりました。
キャリアを重ねスキルをあげて給料も上げる、もしかして就職、という
「一人で生きて行く用将来設計」は不用となりました。

だけど念のため、万年人不足らしいエステ業界に働く友人に、
万が一将来一人で生きていくことになったら雇ってもらえるかしら?!
と尋ねたら「背が高い人にはお勧めしない」と言われました。
施術用のベッドが低いので、タダでさえ重労働なのに、
背の高い人にはかなり辛いんだそうです。

世の中のキッチンの高さも変わってきていることだし、
私を雇うことになったらベッドを買い換えてはくれないかしら・・・
[PR]
by ame_konkon | 2006-10-06 22:54 | 30代今日この頃
<< 謝辞をどうするか 30歳、生き方の分かれ目 >>