和装予約してきました
衣装合わせに出かけ、黒引き振袖を予約してきました。
衣装室に入る前に、希望の柄とか予算とか聞かれましたが、
初めてだったので見当がつかず、
とりあえず奇抜な柄ではなく古典的な模様の物、とだけ。

c0091726_124947.jpg

それにしても、同じ黒地でもそれぞれの着物で全然違う!
例えば左の振袖は裏地が朱色だったのですが、
右のように赤の方が、私には断然似合いました。
それから柄の色合いや、ちょっとした配置でも顔の写りがまるで違う。

これは納得出来るまで、色々試着する必要ありですよ!
私は1度の試着で決定してきましたが、
色々なお店で試着したり、専用の衣装室でも何回か訪れる人もいるようです。
試着に行った日には貸し出し中になっている着物もありますからね。

さて、3枚の着物を試着して少々迷ったものの、
柄が一番気に入り自分に一番似合うと思った着物に決めました。

蓋を開けてみると和装のレンタル料金見積もり30万円に対し、
私が選んだ着物は22万円、迷っていた着物が39万円(!)。
やったー我ながらなんて素晴らしい金銭感覚!
気に入った着物の方がレンタル料金17万円も安いなんて、
別に得はしていないのに、なんだか得した気分なのです。

次回、帯など小物周りと髪型などの打ち合わせを予約して帰ってきました。



私が決めてきた着物についてお話しすると・・・

もともと着物などに興味のある私は、
「宝尽くし」とか「貝合わせ」は大好きな模様で、
いつか着物や帯に揃えたいと思っているのですが、
思いがけず黒引き振袖の中に「貝合わせ」を見つけて大喜び。
c0091726_1291495.jpg

ただ他の着物に比べて、配色が控えめだったので、
(ここがレンタル料金の差になったのか?)
結婚式っぽい色とりどりな着物と随分迷ったのですが、
この着物が一番似合っていたようですし、結局好きな方にしました。

この「貝合わせ」には「夫婦和合」という意味もあるとかで、
昔は婚礼道具によく登場する模様だったようです。
紀宮さまも結婚式の日、この貝桶の模様の着物をお召しになったとか。
(貝桶:写真の中の六角形の入れ物)

そんな事もあったりして、この模様の意味を知っている方には、
結婚式にぴったりな着物と解っていただけるはず!
果たして私の友人にそんな人が居るかどうか・・・は不明です。
[PR]
by ame_konkon | 2006-09-12 13:05 | 結婚式準備
<< 衣装室にて考える。 招待状が完成 >>