30歳、生き方の分かれ目
c0091726_5123695.jpgタイトル、大層な感じになってしまいましたが、いつも通りです。
以前に私の周辺の女友達の結婚年齢について述べましたが
(詳細→こちら
世間一般の結婚年齢を調べると、平均は28歳くらいのようですね。
統計をとっている会社によって様々なのではっきりとは判りません。

28歳かぁ。
何してたかな・・・と考えてみると、
その時は意外に結婚とは遠くない日々を送っていました。
(まぁ、結果的には今日まで未婚なわけですが・・・)

むしろ30歳を過ぎてからのが
結婚は自分とはかけ離れたところにあり、
40過ぎないと結婚はないかもしれない、
いや、このまま一生結婚はなかったりして・・・・・
などど思っていました。
本気で。真剣に。
c0091726_514125.jpg
私の子どもの頃は「25歳を過ぎたら行き遅れ」などと言われたものです。
今は結婚しない人が増え、30代で結婚する人も珍しくないので、
そんな世の中の風潮は減ってきていると思いますが、
なんとなく30歳がその境界線になっているような気がします。

結婚年齢の28歳を過ぎて、
その境界線の30歳には届かない29歳の花嫁さんで、
「29歳で結婚するのは焦っていると思われないか?」
と心配する人が居ると思います。それってそういう事ですよね?

私の場合、30歳でその差をはっきり感じました。
30歳までは周囲から言われていた「結婚」の言葉が、
30過ぎた途端にほとんど聞こえなくなったことです。
例えば「早くいい人みつけなさい」と言っていた祖母の口から。
それから職場の上司なんかの口から。

だけど「25歳を過ぎたら行き遅れ」と言われていた時代と
最近のその境界線は、ニュアンスが少し違っていると思います。
「行き遅れの目安」と言うより「生き方の分かれ目」みたいな感じかな。
女性が自立して一人で生きていける世の中だからですかね。

25歳で「行き遅れ」と囁かれた時代。
30歳で「自立した女性」と振り分けられる今の世の中。
私は今の時代に30代で本当に良かったと思います。
なんたって25歳の私は、本当に人を好きになったことが無かったのです。
結婚なんて絶対に無理でした。ここだけの話です(^・^)
[PR]
by ame_konkon | 2006-10-05 10:24 | 30代今日この頃
<< 女一人で生きる道を考える 席札・メニュー・席次表をどうするか。 >>