30代のウェディングドレスを考える
ウェディングドレスって、あまり若くない人だと
「純白のドレスは厳しい」って聞きますけど、あれって何でなんでしょう?

長く生きてると、純白の持つ純真無垢のイメージじゃないってこと?
まさか。いや、そうなの?
それとも若い肌にしか純白が似合わない?これはあるかも・・・・
年々肌ってくすんだり張りがなくなりますものね・・・(落)

そういう私は、そもそも眩しい白ってシャツくらいしか着ませんし、
純白のドレスを着こなす自信もないので、
若干弱気のオフホワイトのドレスです。

ドレスは友人に作ってもらっているのですが、
その友人と生地を選びに行ったとき、
やはり当たり前のように「純白は無いよね」と言われました。
えぇ、世間的にも自分的にも無理だと思うのでいいんですけど・・・

まぁだけど、ドレスに限らず何でもそうですが、
30過ぎてようがなんだろうが、その人が似合っていればいいんですよね!
20代だからって誰もに純白が似合うわけでもないし。
ドレスの形に似合うものと似合わないものがあるように、
ドレスの色も自分に似合う色を見つければいいと思います。

だからと言って、自分に一番似合う色が例え黒であっても
黒のドレスはお色直し後の2着目にした方が良いでしょう..

話は戻りますが、よく聞く「若くないと純白は厳しい」っていうのは、
みんなどんな意味で言っているんでしょう?
調べ方が悪いのかどこにもその真意が見つけられなかったので、
知っている方いらっしゃったら、是非教えて欲しいです。

phot by <ivory>

[PR]
by ame_konkon | 2006-10-29 22:34 | 30代今日この頃
<< ハネムーンは温泉旅行 タキシードは意外に買える。 >>