カテゴリ:30代今日この頃( 29 )
知人の結婚式に出席
少し前の話ですが、知人の結婚式に出席しました。
c0091726_5365952.gif新郎新婦とも30代前半です。

この結婚式・・・・・実にせわしなかった!!
教会式は普通でしたが、披露宴が始まると息つく暇がありません。
とにかくゆっくり食事をする時間がなく、
時間が空いた!・・・と食べ始めると次の演目が始まる仕組み。

宴の最初に新郎が「皆さんをおもてなししたい」と言ってましたが、
なるほど新郎自らの趣味の披露などもあり、
花嫁の手紙は便箋にびっしり4~5枚ありました。。

ふたりの結婚披露パーティのコンセプトは、
「招待客を飽きさせないおもてなし」だったのかな~と思いますが、
私が「忙しない」と感じただけで、「盛りだくさんで満喫した」と思う人が多いのかなぁ?!

私達の結婚式にこの新婚夫婦を招待しているのですが、
お互いの結婚式の時期が近いので、”演出とかかぶったらどうしよう・・・”
などと思っていましたが、そんな心配は無用でした。
それよりも今は、私達の結婚式を彼らが退屈に思うだろうかと心配です。
[PR]
by ame_konkon | 2006-12-05 08:34 | 30代今日この頃
ハハの衣装合わせ
義母と実母は会場で留袖をレンタルするのですが、
その衣装合わせに別々にお供してきました。
私が結婚式の準備で地元に戻ったのは短い期間。
やることが沢山あるので、

各々で行ってきてよ・・・

と思ったのですが、2人とも私と一緒に行きたいと言い、
私もそれを無下に拒否することも出来ず、
お人よしの私はそれぞれのハハに付き合う羽目になったのでした。

だけど会場もちらりと見学させてもらえ義母を安心させられたようだし、
支払いの事とか考えていなかったのですが、
レンタル料金は結婚式の支払いと合算にしてもらうよう言えたので
(どちらのハハも、自分で払うとは言ってくれなかったけどそんなもん?)
結果的には良かったです。

そうね、何でも自分も加わって決めることは大切なのかも、
と思う出来事でした。


[PR]
by ame_konkon | 2006-12-01 07:17 | 30代今日この頃
近況報告
なんだか久しぶりの更新になってしまいました。
毎日沢山の方が読んで下さっているようなので
日記の更新は3日を空けないように心がけているのですが、
そうも行かない時もあるのでお許しくださいね。

そういえば先週末から5日ほど、急にアクセス数が上がってうろたえました。
ブログを公開しているくせに、あまり沢山のアクセスがあるとドキドキしちゃいます。
なにかすごく皆の興味を引くキーワードがあったかな?と思いましたが、
検索ワードの上位はいつもとそう変わりません。
そうこう考えていたらまたアクセス数が元に戻って安心です(笑)

エキサイトブログには、検索ワードを集計する機能があるのですが、
月ごとに集計された中にはどこにも「30代 結婚」とかが入っていて
そういうのを見るととても嬉しかったりします。
だってそれがこのブログのコンセプトですから!

30代の花嫁の苦楽や、30代以外の方から見た30代花嫁についてなど、
また、年代に関係なく花嫁に共通する悩みや楽しみ。
そんなことをここで皆さんと語りあっていきたいです。
なので色々な年代のプレ花嫁さんも、もう花嫁の経験者さんも
コメントどしどしお待ちしております♪

さて本題の近況報告ですが、(そうです、なんとここからが本題です!)
引き出物決定に本腰を入れ始めています。
来週中には全て決定して皆様に報告することが盛り沢山!になるので
どうぞもうしばらくお待ちくださいませ。

Photo by <ivory>

[PR]
by ame_konkon | 2006-11-18 07:21 | 30代今日この頃
ダンベル運動
二の腕対策のために彼に教えてもらったダンベル運動を始めた、
以前の日記に書いたのですが、調べてみると教えてもらった運動が、
二の腕を鍛える運動とはどこにも書かれてはいません・・・

おーい、じゃー今までやってた運動はなーにー?

と誰かに聞きたいですがそれは置いといて
c0091726_8174087.gif新日本製薬さんのH.Pでダイエットメニューとして紹介されているダンベル体操をご紹介。(ダンベル体操の文字をクリックしてね)

この中の「二の腕のたるみをとる押し上げ運動」は、他のサイトでも多く二の腕対策として挙げられていた運動ですが、こちらのサイトではGIFアニメが可愛らしいし、実際の動きがわかると判りやすいですよね。
[PR]
by ame_konkon | 2006-11-10 09:29 | 30代今日この頃
『女が35歳になったら読む本』
c0091726_9315332.jpg

この手の本は読んでもあまり為になった試しがないのに、
つい手にしてしまうクセがあります。
そして、この本も「つい」買ってしまいました。

が、これはなかなか良かったです。
ありきたりなこともありつつ、共感できたり参考になる話が沢山あったし、
なるほどね~と心のもやもやが少し晴れました。
中でも私が特に頷いたのは、35歳未婚の女性が
「友人の披露宴には完全武装で挑む」というところです。

もしも今でも仕事をしていたら、もっと共感できたと思いました。
それから未婚の人の方が共感できるが多いです。

『女が35歳になったら読む本』 中山み登り PHP文庫
c0091726_1031263.jpg
反対にこのブログを始めてから読んだ本で、
あまり共感できなかったのはこちら。
c0091726_956297.jpg

こちらの著者の方が歳が近いんですけどね。
なんだろう、生き方や感じ方に大きな違いがあるんでしょうね。
あまり好意的なことが書けないので詳細は省きますが、
ひとつだけ私にも思い当たる節があった箇所を挙げると、
それは、30代になってから「胃もたれ」するようになった、というところでした(笑)
[PR]
by ame_konkon | 2006-11-03 23:40 | 30代今日この頃
ハネムーンは温泉旅行
c0091726_430974.jpg新婚旅行の行き先は温泉です。
申し込みはもう済ませてあったのですが、
思い立ってガイドブックなど購入しました。

それにしても、結婚式の翌日は彼の実家に一泊し、
その後温泉に出発というスケジュールに私は少々不満。
結婚式とハネムーンの間に、なんでわざわざ嫁仕事を?!
しかもそれってクリスマスイブなんですけど~~~...

結婚式の前後もホテル住まいなので、
一度実家に行って荷物を整理しようというのが彼の意見。
ドレスもタキシードも持参するので確かに荷物は多く、
それでしぶしぶ承諾したわけです。
だけど、どっちにしてもそんな大荷物運べそうもないし、
私は「宅配便で送ればいい」と言ったんですけどね、却下。

まぁそんなこんなもありますが、きっと誰もが結婚式なり新生活に
多少なりとも我慢や妥協をしているのですよね~~
仕方ない。ガンバるけれど、但しグチは言わせてもらいます。
ここで。(読んでる人にはいい迷惑、スミマセン)

ところで新婚旅行中、レンタカーを借りているのに、
ガイドブックの表紙には「気ままに電車と徒歩の旅」って書いてある。
c0091726_426527.jpg間違ってるじゃん!!
[PR]
by ame_konkon | 2006-10-31 08:38 | 30代今日この頃
30代のウェディングドレスを考える
ウェディングドレスって、あまり若くない人だと
「純白のドレスは厳しい」って聞きますけど、あれって何でなんでしょう?

長く生きてると、純白の持つ純真無垢のイメージじゃないってこと?
まさか。いや、そうなの?
それとも若い肌にしか純白が似合わない?これはあるかも・・・・
年々肌ってくすんだり張りがなくなりますものね・・・(落)

そういう私は、そもそも眩しい白ってシャツくらいしか着ませんし、
純白のドレスを着こなす自信もないので、
若干弱気のオフホワイトのドレスです。

ドレスは友人に作ってもらっているのですが、
その友人と生地を選びに行ったとき、
やはり当たり前のように「純白は無いよね」と言われました。
えぇ、世間的にも自分的にも無理だと思うのでいいんですけど・・・

まぁだけど、ドレスに限らず何でもそうですが、
30過ぎてようがなんだろうが、その人が似合っていればいいんですよね!
20代だからって誰もに純白が似合うわけでもないし。
ドレスの形に似合うものと似合わないものがあるように、
ドレスの色も自分に似合う色を見つければいいと思います。

だからと言って、自分に一番似合う色が例え黒であっても
黒のドレスはお色直し後の2着目にした方が良いでしょう..

話は戻りますが、よく聞く「若くないと純白は厳しい」っていうのは、
みんなどんな意味で言っているんでしょう?
調べ方が悪いのかどこにもその真意が見つけられなかったので、
知っている方いらっしゃったら、是非教えて欲しいです。

phot by <ivory>

[PR]
by ame_konkon | 2006-10-29 22:34 | 30代今日この頃
誰の思いで結婚式を挙げるんだろう。
結婚式の招待状は私達ふたりの名前で出しました。
彼は私よりも更に年上で、親の援護が必要な歳でもないし、
結婚式は金銭面でも援助無しです。

これなら誰にも文句は言わせねぇ、
あたしゃ、あたしの好きなように結婚式をさせて頂くわよ。


位に思っていました。
私もそれなりに大人ですから、周囲が納得できるような形に納める自信もありますし。
それでも最近しみじみ判ったこと、それは・・

それでも結婚って、自分達の思いだけじゃ進められないのね。

まぁ誰かに何かを反対されたという訳でもないですが、
私の親戚に上京をお願いするのに、母の力を借りなくてはいけなかったし、
引き出物一つにしても、義母や親戚から、カタログがいいだの嫌だのと
こちらが何一つ言い出してないのに、意見が先に渡されたり、
先日の謝辞についてもそうです。

いやー幾つになっても結婚ってやっぱり両家とかが出てきちゃうのね。
こんなことならすっごいカジュアルなレストランにすればよかった・・・
とまで思っちゃいます。
んが、どんな結婚式であれ付きまとうんでしょうね、周りの意見って。
[PR]
by ame_konkon | 2006-10-20 21:13 | 30代今日この頃
女一人で生きる道を考える
さて、前回述べたとおり、30歳を過ぎ、

私は一生結婚できないしないんじゃないか?!

の疑問と不安を胸に大きく抱いた私は、
その先の仕事と収入に大きな不安を覚えるようになりました。
当時の私は派遣社員で働いていたからです。

一人暮らしをするに十分な収入はありましたが、
休日が多ければ収入が減り、ボーナスも出ません。
健康を害すればたちまち収入がなくなってしまいます。

それに、派遣社員で働くのは、歳が重なれば重なるほど
労働条件が厳しくなると聞いていました。
若い女性の方が仕事に就けやすいのが現状です。

c0091726_520176.gif一方で私と同じように結婚していない30代の友人。
そのうち、長く会社勤めをしている友人2人はマンションを購入(゚∀゚)
「ひとりで生きていく決心をしたの?!」と聞くと
(これまた失礼な質問だけど、それだけの事を言える仲なので・・・)
2人ともそんな気はなく、「結婚したら貸し出せばいいし」などと言います。
仕事も出来て、同じ会社に長く勤めて地位を築き、自分の家も持っている、
それに比べてその日暮らしの私は何をしているんだろう・・・と落ち込んだものです。

そうかと思うと定職につかず、数ヶ月働いては休んだり、
好きなことやアルバイトなどして暮らしつないでいる友人もちらほら。
彼女に私の将来の不安を話すと
派遣の仕事だって、選ばなければ幾つになってもいくらでもある、と楽天的。

私自身がどうかと言うと、金銭的に余裕がないのはとっても不安に感じますし、
どうせ仕事をしていくのなら上を目指して行きたいと思っていました。
そこで、得意分野を伸ばし、間口は狭いけどちょっと専門的になる分
適材も少なく、年齢に関係なく募集のありそうな仕事に的を絞ってきました。

一人で生きていくためには安定した収入か、
実家住まい、またはローンなしの不動産を持っていないと不安ですね。
c0091726_518218.jpg
そんな葛藤を数年繰り返しているうちに、思いがけず結婚が決まり、
結婚にあたって引越しをして仕事も辞めることになりました。
キャリアを重ねスキルをあげて給料も上げる、もしかして就職、という
「一人で生きて行く用将来設計」は不用となりました。

だけど念のため、万年人不足らしいエステ業界に働く友人に、
万が一将来一人で生きていくことになったら雇ってもらえるかしら?!
と尋ねたら「背が高い人にはお勧めしない」と言われました。
施術用のベッドが低いので、タダでさえ重労働なのに、
背の高い人にはかなり辛いんだそうです。

世の中のキッチンの高さも変わってきていることだし、
私を雇うことになったらベッドを買い換えてはくれないかしら・・・
[PR]
by ame_konkon | 2006-10-06 22:54 | 30代今日この頃
30歳、生き方の分かれ目
c0091726_5123695.jpgタイトル、大層な感じになってしまいましたが、いつも通りです。
以前に私の周辺の女友達の結婚年齢について述べましたが
(詳細→こちら
世間一般の結婚年齢を調べると、平均は28歳くらいのようですね。
統計をとっている会社によって様々なのではっきりとは判りません。

28歳かぁ。
何してたかな・・・と考えてみると、
その時は意外に結婚とは遠くない日々を送っていました。
(まぁ、結果的には今日まで未婚なわけですが・・・)

むしろ30歳を過ぎてからのが
結婚は自分とはかけ離れたところにあり、
40過ぎないと結婚はないかもしれない、
いや、このまま一生結婚はなかったりして・・・・・
などど思っていました。
本気で。真剣に。
c0091726_514125.jpg
私の子どもの頃は「25歳を過ぎたら行き遅れ」などと言われたものです。
今は結婚しない人が増え、30代で結婚する人も珍しくないので、
そんな世の中の風潮は減ってきていると思いますが、
なんとなく30歳がその境界線になっているような気がします。

結婚年齢の28歳を過ぎて、
その境界線の30歳には届かない29歳の花嫁さんで、
「29歳で結婚するのは焦っていると思われないか?」
と心配する人が居ると思います。それってそういう事ですよね?

私の場合、30歳でその差をはっきり感じました。
30歳までは周囲から言われていた「結婚」の言葉が、
30過ぎた途端にほとんど聞こえなくなったことです。
例えば「早くいい人みつけなさい」と言っていた祖母の口から。
それから職場の上司なんかの口から。

だけど「25歳を過ぎたら行き遅れ」と言われていた時代と
最近のその境界線は、ニュアンスが少し違っていると思います。
「行き遅れの目安」と言うより「生き方の分かれ目」みたいな感じかな。
女性が自立して一人で生きていける世の中だからですかね。

25歳で「行き遅れ」と囁かれた時代。
30歳で「自立した女性」と振り分けられる今の世の中。
私は今の時代に30代で本当に良かったと思います。
なんたって25歳の私は、本当に人を好きになったことが無かったのです。
結婚なんて絶対に無理でした。ここだけの話です(^・^)
[PR]
by ame_konkon | 2006-10-05 10:24 | 30代今日この頃